« 『まじめにふまじめ かいけつゾロリ』#53 | トップページ | ひだまり »

2006.03.07

純色brilliant

ビクター関係のキャラソンアルバムだと言う事で
今更ながら聞いてみる事に。
シークレットトラックにGIRLS BE時代の「制服」の
ソロバージョンが収録されていた事には驚かされたが
さらに驚いたのが
「The Ballad of Wendy/ウェンディのバラッド」の楽曲提供者が
高野 寛さんだった事。
(作・編曲だけ「高野 寛」で表記されているが
 作詞の「蓮水 香」というのも高野さんらしい)

高野さんといえば、白鳥由里さんを思い出す。(笑)
白鳥さんのライブの時のトークで
ファーストアルバム『ANASTASIA』を製作するときに
高野さんに楽曲を提供して欲しいとお願いしたが叶わず
その代わり(?)に「See You Again」をカバーさせてもらって
セカンドアルバムの時も頼んでみたがダメだった…
というエピソードを話していたので。
高野さんに曲を作ってもらえるまでアルバムを出し続けると
意気込んでいたんですけど…(^^;

…って、桑島法子さんと関係無い話しになっちゃってる…(^_^;;;

アルバムは全体的にゆったりした感じの曲が多く
リラックスした気分で聴けて心地良い感じ。
どの曲も法子さんの自然体な歌い方に近い感じがして
良い意味でキャラソンアルバムという印象を
あまり受けなかった。
どちらかと言うとオリジナルに近いアルバムなのかも。
気に入ったのは、やっぱり懐かしかった「制服」と
梶浦由記さんの楽曲「深海の孤独」
それと「The Ballad of Wendy/ウェンディのバラッド」かな。

…いつか白鳥さんにも書いてもらえるかな?(爆)

|

« 『まじめにふまじめ かいけつゾロリ』#53 | トップページ | ひだまり »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21703/8907728

この記事へのトラックバック一覧です: 純色brilliant:

« 『まじめにふまじめ かいけつゾロリ』#53 | トップページ | ひだまり »